お知らせ
0hole Players
掲載メディア紹介
取扱店舗 検索
よくある質問
プライバシーポリシー
製造元・販売元
会社概要・特商法に基づく表記

NEWS お知らせ

この時期の紫外線は?なぜ夏じゃないのに日焼け止めを塗るの?これを見たら1年中日焼け止めが必要な理由が分かります。

(1)1年中日焼け止めを塗っているのは当たり前。
   塗っていないのはあなただけかも!?

あなたは1年中日焼け止めを塗っていますか?
近年、1年中日焼け止めを塗るという人が増えてきたことを知っていますか?
昔は夏に日焼け止めを塗る人の割合は50%程でしたが、今では80%の人が日焼け止めを塗っています。
夏に日焼け止めを塗ることはほぼ、当たり前になっています。
日焼け止めを塗る人のうち、男性は20%、女性は60%が1年中日焼け止めを塗っています。


男性意見:冬でも1日中外にいる仕事なので塗っている。(20代~30代)
    :ゴルフやサッカーなど日陰が少ないスポーツなので塗っている。(40~50代)
    :妻に塗ったほうが良いと言われ塗っている。(50代)
女性意見:いつの間にか1年中塗るのが当たり前になっていた。(40代)
    :白い肌を保ちたいので塗っている。(30代)
    :シミやシワができたら嫌なので。(20代)

(2)冬の紫外線はどのくらい降り注ぐのか。
冬になれば、日焼けはしない。そんなことはありません。
冬でも紫外線は降り注いでいます。
下記のグラフは2017年の紫外線量と2018年の紫外線量を比べたものです。
2018年はあきらかに紫外線量が増えています。
また、2017年の10月の紫外線量は6月の紫外線量の半分。
冬に2日間紫外線をあびると、夏の1日分の紫外線を浴びたことになるということです。
そう考えると、冬の紫外線も油断できません!


(3) ※要注意※紫外線は空からだけではない!

紫外線には空から直接届く直射光と、地表面で反射される反射光があります。
砂浜・アスファルト・水面・草地では反射率が10%~25%、
新雪では反射率80%にも達します。
そのため、冬に気をつけてもらいたいのは、
空からの直射光はもちろん、地表面からの反射光です!
雪が降った日やウィンタースポーツをする時は
しっかり日焼け止めを塗りましょう!

(4)日焼けだけでなく、乾燥もお肌の大敵
この時期になると乾燥が気になりますよね。
冬だから乾燥する、だけでなく紫外線を浴びることで乾燥することもあるのです。
さらに乾燥している肌は、バリア機能が低下しダメージを受けやすくなっています。
そんなダメージを受けやすい肌に紫外線が降り注ぐと
シミやシワの肌トラブルを引き起こします。
なので、保湿成分の入った日焼け止めを塗ることで紫外線対策と保湿を
しっかりして、肌トラブルを防ぎましょう!



今、オンラインショップでは商品購入で、ゼロホールオリジナルボールサンプルセット
がもらえるお得なキャンペーンを実施中!
冬も油断せずにしっかり紫外線対策をしましょう!

▼ゼロホールオンラインショップはこちら▼